帝国くデータバンク様にて、第5回の
投稿を記載いただきました。

ご報告させてください。

 


植村のコラム5

前回は、フランク三浦事件について説明させていただきました。

今回は、会社の名前についてお話をさせていただきたいです。

 

<商標編(名前の本質って何だろうか?編)>

会社というは、ある程度大きくなって、従業員及び取引先が多くなると、たとえそれが100%のオーナー企業であっても、人の集まりという性格を強く持ち出します。

最初は、たった一人で社長が創業したものが、徐々に人が集まってくるというイメージです。

最初は、会社の方針、理念、情熱、そういったものは全て社長の胸の中にあります。

その状態で、最初の頃の従業員・取引先は社長と直接お会いし、お話を聞くので、何もなくてもその社長と接していれば、会社の方針などは伝わってきます。

しかし、徐々に大きくなるにつれって、社長とお会いできない、又は、お会いできてもほとんど普通のお話ができないということが増えてくるはずです。

そうすると、社長がどれだけの理念と情熱を持っていてもそれを伝えることはできないはずです。

その際に、使われるのが、社訓とか、社是とか、理念とかになります。

しかし、残念ながら、通常の会社では、たとえ従業員であっても、これらに接することは少ないのではないでしょうか。ましてや、取引先であればなおさらです。

 

ところで、人をまとめ上げて大きなことをなした人ってどんな人でしょうか。

もちろんその人自身の能力が高いことって、重要な要素なのだと思いますが、本当は、ある一定の目標を明確に持ち情熱を持って、それを諦めず、かつ、それを発信し続けた人物だと思いませんか。

歴史上の人物であれば、項羽と劉邦での劉邦などがそういう人物だったのではないでしょうか。

非常能力が高かったという項羽に何度も手痛い敗北を喫していながら、最終的に中国を統一した人物です。

 

その人がどんなに高い能力を有していても一人でやれることはたかが知れています。

多くの人に助けてもらうためには、やっぱり、多くの人が寄ってきて、その考えを共有して貰う必要があるのだと思います。

そのための一番重要なものが、組織における理念なのです。

そして、その理想を表したものが会社名である必要があると思うのです。

どんなに立派な社是が有っても、外の人は他人の会社の社是を読むということは無いです。

他方、会社名は常に人の目に触れます。その会社名が理念を表したものであれば、何時もその理想を思い出し、又は、社員はその理由をお客様に説明することができます。

そういうことが繰り返されて、組織は、一定の目的に向かって走ることができるのだと思います。

というわけで、社名は重要ですというお話でした。

(そんでもって、ちょっとだけ宣伝、そんな大切な会社名でしたら・・。商標登録してはいかがでしょうか(笑)。すみません広告です)

次回は、うーんと、会社のロゴに潜む危険性というお話をさせていただければと、思います。

 


Epson_1396 Epson_1397