弊所のWebページですが、
特許・商標関係のアクセスが全然ありません。

なぜか、著作権法第27条、著作権法第28条関係のアクセスばかりです。
・・・・なぜだろう・・。

まあ、確かに、最も重要な権利に現在なっているのです。
といっても、過去に書きましたよね・・。

まあ、もしかしたら、忘れている方もいるかもしれないので、
今一度、復習も兼ねて、書かせていただきます。

著作権法27条は、翻訳権と翻案権を規定しております。
翻訳はわかるとして、翻案権ってなんでしょうか。
(急いで打って変換すると「本案件」になってしまうものです。)

翻案って意味わかりますか?

分かりませんよね。ちなみに私もよくわかりませんが、
意味内容は、
原作をもとにして新たな著作物を作るということを言います。

この規定のすごいところは、著作者が何もしていなくても、
全くの別人が新しい著作をする権利を、原作者が独占しているということを、
明示した権利なのです。

そのため、小説が書かれた後、
その小説の主人公を使って新しい小説を書くことも
漫画化・映画化することも、
パチンコ化することも、
グッズ化することも、
おもちゃ化することも、
テーマパークを作ることも、
すべて、原作者に帰属するということです。

実は、原作よりもこちらの方が圧倒的にお金を生みます。
アンパンマングッズや
ディズニーランド
などを見ればわかりやすいと思います。

ということで、この権利があまりにも重要になってきているのです。

そのため、漫画などのアニメ化などの際には、
委員会という利益分配団体ができて、
それを決めて、お金集め、翻案の範囲を分け合うのです。
(これが、アニメ等でよく見る「〇〇委員会」などの委員会制度の実態です。)

うーん、面白くないですねぇ。
次回は、もう少し面白く、
東京ビックサイトでやる「コミケ」について記載したいです。

―― 読者の皆さんへ知財の専門家としてアドバイス ――

皆さんが著作者となることがあれば、
けして、この著作権法28条の翻案権は渡してはなりません。
自身で続編なども作れなくなってしまいます。

他方、皆さんが搾取する側の場合は、
必ず奪い取りましょう(笑)

あと、すっかり、忘れてました。
国際意匠制度(=ハーグ協定のジュネーブ改正協定)
について記載するの忘れてました。

この制度は、WIPOという国際特許機関に、
国を選んで出願すると、指定した国から6月以内に
拒絶にならない場合、自動的に登録されるという制度です。
費用的には、各国に個別に出願するよりも、安いと思いますし、
期間も早いと思います。

―― その他 ――
では、次回をお楽しみにしてください。
次回は、お宅の祭典 コミケ について書きます。

また、今回も最後までお読み下さり、本当に有難うございます。
月2回程度の配信を予定しており、購読いただく方に過度のご負担をかけないようにする予定です。

あとあと、過去のこの私の投稿を見たい方は、
弊所のHPに来ていただければ、読めます。
「ポラリスIP」で検索すればあります。

―― 編集後記 ――
「ついにこの日が]

下の子ですが、今までドアが開けられませんでした。
背が足りなかったのですね。

しかし、ついに、背が伸びたのか、
つま先立ちがうまくなったのか、
ドアノブに手が届いてしまいました。

そのため、部屋に閉じ込めても出てこれるようになってしまいました。
ちなみに、昨日の出来事です。

上の子が寝るまで、私の部屋に監禁
(私が帰ってからは、私も一緒に監禁されて、
スマホなどを私はポチポチしているわけですが)
していたのですが、
うーん出てきてしまいますね。

明日から、どうしようか、
悩み中です。

嫁には、出ていきそうになったら止めろと、
言われていますが・・。
監禁されている私の唯一の心のオアシスである、
スマホいじりをしていると、どうしても、
見てられません。

こまったなぁと思うのでした。
たぶん、嫁と上の子の方に逃走を許したら、
私が嫁に監禁と折檻されてしまいます。