はじめに 

ここ数年、キャリアアップ助成金については、その要件が年々厳しくなるという傾向がありました。

厳しくなるかもしれない・・ 

その為、31年度(2019年4月1日~)からも厳しくなるであろうと、予想しておりましたが、キャリアップ助成金の正社員化については、今のところそのような情報はありません。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html

 また、予算の成立も問題なく平成31年3月29日に成立しております。

https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2019/index.html

 そのため、今年度もキャリアアップ助成金のうち正社員化はそのまま運用されることになります。

ただ変更点はあります 

ただ、いくつか変更がありましたので、以下列記書きたいと思います。

1.賃金規定等共通化コース

 ・職務評価加算の支給について、1適用事業所当たり1回限りに変更。

2.選択的適用拡大導入時処遇改善コース

 ・1人当たり支給額の引き上げ。

 ・1適用事業所における1年度の申請上限人数を45人に拡充。

3.短時間労働者労働時間延長コース

 ・1人当たり支給額の引き上げ。

 ・1年度の申請上限人数を45人に拡充。