問題提起

派遣社員を正社員へ転換(昇進)させた場合に、キャリアアップ助成金が出るということを前回記載させていただきました。

それだけではなく、ほぼ、他の正社員化(有期雇用→正社員、無期雇用→正社員)と要件及び手続きも変わらないとも記載させていただきました。

そういう理由でも、この派遣社員を正社員化する際に給付されるキャリアアップ助成金はとても注目すべきものです。

現在、大企業から中小企業まで多くの派遣労働者が存在しており、この派遣労働者から正社員にする際に出る助成金なのでとても重要なものです。

また、派遣から正社員にした際の助成金額も、有期雇用から正社員にした場合よりもさらに増額されていますので、そういった意味でとても重要な助成金です。

さらに、現在、特に注目されている理由もあります。

 

派遣労働者における法律

労働者派遣法によると、3年間派遣状態にある場合、雇用者(会社)は、次のいずれかの措置を取らなければなりません。
① 派遣先への直接雇用(正社員等)の依頼
② 新たな派遣先の提供
③ 派遣元での無期雇用(正社員等)
④ その他安定した雇用の継続を図るための措置です。
この法律は、2015年に施工されたので、今年である2018年からにこの措置をとる必要があります。

人手不足の昨今、①の派遣先で正社員等にしてでも人材を確保したいという状況にあります。

その際に、使える助成金ということで、特に注目の助成金といえます。

結論としては、派遣社員を入れている会社は、是非、取得を検討してほしい助成金なのです。