設立から日常の事務処理まで中小企業をまるごとサポート

拒絶理由通知対策

商標の拒絶理由通知対策

商標を出願した場合、約60%程度の確率で、

拒絶理由通知というのが特許庁から来ます。

この拒絶理由通知への対応について解説します。

(1)拒絶理由通知の対応の仕方(一般)

初めに↑これを読んで、拒絶理由通知への一般的な、

対応方法をご理解ください。意見書、補正書のひな形もあります。

(2)商標法第3条第1項第3号への対応(商標法3条1項3号)

(3)商標法第3条第1項第4号への対応(商標法3条1項4号)

(4)商標法第3条第1項第5号への対応(商標法3条1項5号)

 

設立から日常の事務処理まで中小企業をまるごとサポート TEL 048-856-9112

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.