設立から日常の事務処理まで中小企業をまるごとサポート

(2)商標法第3条第1項第3号への対応(商標法3条1項3号)

商標2:拒絶理由対応 3条1項3号対策1回目

 

1 問題提起

商標の拒絶理由通知で、先願が存在する(第4条1項11号)以外では、もっとも多い拒絶理由だと思います。

通常は、4条1項16号の品質誤認も同時に通知されると思います。

 

2 この拒絶理由通知の解説

(1)条文

商標法第3条第1項第3号は次に様に規定しております。

「 自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標については、次に掲げる商標を除き、商標登録を受けることができる。

(中略)

三 その商品の産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、形状(包装の形状を含む。)、生産若しくは使用の方法若しくは時期その他の特徴、数量若しくは価格又はその役務の提供の場所、質、提供の用に供する物、効能、用途、態様、提供の方法若しくは時期その他の特徴、数量若しくは価格を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標」

(2)解説

この条文は、その商標の文言などが、その商品又は役務(以下、「サービス」といいます。)の、品質や内容を表すものである場合には、それを登録にしないというものです。

(3)特徴

この条文は、非常によく使われます。

しかし、この規定を言われると反論することが非常に難しいです。

 

3 対応案

対応が難しいからと言って、対応しないわけにはいきません。

以下に、対応案を列記して解説します。

(1)「普通にもちいられ」ていないとの反論

この条文は、普通に用いられる方法で表示する場合だけ、適用されます。

その為、出願商標が普通の方法での表示ではないとの反論があり得ます。

この反論は、標準文字での出願の場合には極めて難しいです。

他方、ロゴで出している場合には、一般的な書体だけで図形的ではない場合を除いて特に有効です。(もっとも、ロゴの場合で、この拒絶理由通知が来た場合は、大抵一般的な書体での出願だと思います)

 

(2)品質や内容を表すとは言えないとの反論1

この反論は、例えば、審査官の認定の様に必ずしも品質等を表すものではないとの反論がありえます。

たとえば、ラーメン屋(飲食物の提供)の役務について「小麦」の商標の場合は、材料に直ちになる可能性がとても高いですが、「こむぎ」であれば、必ずしも小麦であるとは言えないとの反論があり得ます。

更に、(1)の反論もあり得ます。

具体的には、小麦の場合、小学校の比較的低学年で学ぶ漢字ばかりであり、通常は漢字で書きます。それに対して「こむぎ」の様なひらがなは普通に用いられていないということができます。

4 審査基準

この条文に関する審査基準を下記に張っておきます。

審査基準

5 その他

正直これに対する反論が商標における拒絶理由通知の中で最も難しいので、この回だけでは書ききれません。そのため、今後も思いつくたびに、記載させていただこうと思います。

以上

設立から日常の事務処理まで中小企業をまるごとサポート TEL 048-856-9112

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.