設立から日常の事務処理まで中小企業をまるごとサポート

(4)商標法第3条第1項第5号への対応(商標法3条1項5号)

商標3:拒絶理由対応 商標法3条1項5号対策

 

1 問題提起

商標の拒絶理由通知で、あまり多くはない拒絶理由通知ですが、簡単すぎる名前・図形などに通知されます。

 

2 この拒絶理由通知の解説

(1)条文

商標法第3条第1項第5号は次に様に規定しております。

「 自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標については、次に掲げる商標を除き、商標登録を受けることができる。

(中略)

五 極めて簡単で、かつ、ありふれた標章のみからなる商標」

(2)解説

① 数字

数字のみの場合には、おそらくかなりの桁数にならない限り該当してしまうと思います。

「109」などが分かりやすい例です。

 

② ローマ字

2文字までであれば、極めて簡単かつありふれた標章に該当してしまいます。

3文字でも「―」(ハイフン)でつないだものは、該当してしまいます。

ローマ字の1字又は2字に「Co.」、「Ltd.」又は「K.K.」を付したものも基本だめでしょうが、

「K.K.K」であれば、回避できそうに思います。

 

③ 仮名文字について

設立から日常の事務処理まで中小企業をまるごとサポート TEL 048-856-9112

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.