コラム(各種情報)

第38回

植村のコラム38

 前回は、、ビジネスモデル特許について記載させていただきました。今回は、その続きです。いきなりステーキはなぜこの特許をうまく活用できたのか、そこからどのような教訓を得ればいいのかをお話させていただきます。

 特許は、①その特許の内容を文章にしたものを特許庁に出願して、その後、②その内容が特許庁の公報という形で公開され、③その後登録になるという経緯をたどります。

 ①の出願から、②の公開がされるまでは、1年半かかります。つまりその間は、どのようなものが出芽されているのかわからないということになります。

 また、②の公開があったものの登録にならないものも多くあります。

 その為、特許が出願されているだけでは脅威ではないというのが一般的な考えです。つまり、特許は登録されたものだけが怖いというのが一般的な考えになります。

 しかし、それには前提があります。登録されたものが広く、回避不能であるほど広い権利であるという場合です。

 そうでなければ、その部分だけを少しでも避ければ、あとはやりたい放題ということです。

 しかも、権利になったのちは、その権利範囲を動かすことは許されていません。

 ちょっとだけでもよけられてしまえば、どうにもできなくなってしまうのです。

 分かりやすい例を言うと、地雷はとても怖いですが、その位置がわかっていたらどうでしょうか。その隣に立っても大丈夫ですよね。

 つまり、地雷が怖いのは、その位置がわからない時だけと言えます。

 この状態を特許に当てはめると、①の出願しただけという状況は、どのような内容が特許として出願されているのか競合他社にはわからないという状況です。

 これは、まさに地雷が埋まっているところが分からない状態わけです。つまり、例えば、特許出願中とだけ何らかの形で宣伝しておけば、競合他社はどのようにすればその地雷を回避できるのかわからないためなかなか進出しづらいという状況なのです。

 大きな会社で大資本を投入する会社であればあるほど、万が一特許侵害になってしまったら大変なことになってしまうといえると思います。

 正直、この状態では、どのような優秀な弁理士であっても、全くわかりませんとしか言えないと思います。

 次に、②の公開があれば安心かというと、実は③の登録になるまでは、その特許権とする範囲は変えることができます。

 つまり、地雷の位置を動かすことができるのです。この状態においては、例えば、競合が所定の商売方法を取っていたらその位置に、地雷(特許)を動かして足元に動かすことが可能なことが可能です。

 つまり、立っているところに地雷を後から滑り込ませるイメージです。もちろん、きれいに足元に動かせるか否かは、その出願の内容や、特許庁審査官が認めるかなどの問題もありますが、ともかくその可能性はあるという状態です。

 その為、②の状態も競合他社にとっては安全とは言えない状態です。

 その後、③の登録になってしまうとそういうことができなくなってしまうので、実は、一番弱い状態になります。

 ③の登録される、又は、特許登録できないというのが確定するのは、①の出願から平均で4年から引き延ばせば7年以上の期間があります。

 その間に特許出願中として広報し、競合他社を牽制し、その間にその業態は自社のものと消費者等に認知されるようにすればいいのです。

 そうすれば、たとえ特許が狭いものであろうと、さらに言うと、特許が登録にならなくても、商売的には価値です。

 特許で負けても、商売的に勝てればいいのです。

 このような戦略を取って、ステーキをお客様が言うグラム数をその場で切って焼いて提供するという業態は、いきなりステーキのものとお客様に認識させることに成功したのがいきなりステーキなのです。

 これが、中小企業であっても、特許を出すべきと私が言う本質的な理由なのです。

 特許、商標、等の知財が企業間戦争の道具ということの一例を記載させていただきました。

 さて、次回は、ちょっと、時期が外れてしまいましたが、最近話題の著作権法の改正について、お話させていただく予定です。

以上