花村 秋洋(はなむら・あきひろ)

行政書士
社会福祉士
介護福祉士

昭和54年生まれ。幼少の頃からさいたま市(旧大宮市)で過ごす。大学は憧れていた東北での一人暮らし。仙台市青葉区にある東北福祉大学で福祉について学ぶ。また、4年間知的障害者施設でアルバイトを続け、現場での実践経験を積む。

大学卒業後はさいたま市に戻り、社会福祉法人さいたま市社会福祉事業団に就職。高齢者介護、障害者支援、地域における高齢者支援等の職務に就き、16年間社会福祉の現場で働く。

在職中に社会福祉士、介護福祉士、行政書士、社会保険労務士、海事代理士等に合格し、法律家へ進む道を考える。

さいたま市社会福祉事業団を退職し、行政書士登録を行う。行政書士花村秋洋事務所を開業し、法律の知識を活かした支援を志すこととなる。長年社会福祉の現場で働いていた経験を活かし、高齢者、障害者、児童とその家族達の心に寄り添った支援を目指す。また親亡き後問題、墓地後継者問題など地域で起こる種々の問題にも取り組んでいる。

一般社団法人日本海外人材支援機構理事に就任し、主に介護分野を担当する。企業・専門家と提携し、日本の労働者不足解決に向けて尽力している。

趣味は釣り。フィッシングとトラウトサーモンの素晴らしさを世に広めるために、さかな検定2級と小型船舶2級を取得。「ファミリーフィッシングジャーナリスト」を名乗り、活動しているという一面もある。

最近はゴルフも始め、平成31年初コースデビューを果たす。第12ホールでホールインワンを達成するというビギナーズラックに恵まれた。

実績

2017年4月、地域包括支援センターと協同し、さいたま市桜区にオレンジカフェ(介護カフェ)を設置する。

労働組合(単組)の執行委員長を10年間務め、企業と共により良い職場環境の構築を行ってきた。

2019年4月、埼玉親なき後総合サポートセンターを設置。地域の親亡き後問題にワンストップで対応する仕組みを構築する。

経歴

2002年3月東北福祉大学卒業
2002年4月社会福祉法人さいたま市社会福祉事業団 入職
社会福祉士資格取得
2008年12月海事代理士試験合格
2011年11月社会保険労務士試験合格
2018年6月介護福祉士資格取得
2018年7月社会福祉法人さいたま市社会福祉事業団 退職
2018年12月行政書士資格取得
行政書士花村秋洋事務所設立

この専門家が書いたコラム

現在、投稿はありません。

関連リンク