特許申請(特許出願)の費用

特許の費用(出願時)

特許申請(特許出願)については、
費用がかかります。

特許庁への出願費用は、ただ文章を提出するだけなので、
費用は1.4万円のみです。

ただ、特許庁は電子化手数料を取ります。

具体的には、
初期費用として 1200円
1頁毎に     700円
です。

数十ページにわたることもある特許の明細書の場合
馬鹿にならない費用です。

もっとも、特許申請(特許出願)で最もコストがかかるのは、
弁理士に、特許の内容を説明する資料である特許明細書(特許請求の範囲等)の
出願書類の作成費用です。

正直この、弁理士費用については独禁法によって、
弁理士会の標準報酬がなくなったことによって、事務所が独自に設定可能であり、
どれほど高額にも、低額にも設定可能です。

一般的には、年に何百件も恒常的に出願してくれる大企業への料金で、
1件20万円~25万円程度ではないでしょうか。

他方、年に数件以下や、個人のお客様への場合には、
1件35万円ぐらいになろうかと思います。

一見すると、この値段の差はなんだと怒らせそうですが、
毎回、制度の説明や、特許が取れなかった際のリスク、などを考えると
ある程度仕方ないのです。

また、毎度毎度、新しい技術として理解したり、
全てを新しく作らなければならない個人のお客様と、
前の図面や、明細書などの一部を使える大企業様とは、
どうしても一緒にすることができません。

その為、特許申請(特許出願)の費用は、一概にいくらとは言えませんが、
かなり差があるというのが実情です。

なお、弊所の場合、
特許出願(特許申請)の際には、大体35万ぐらいが平均です。

難しい特許出願(特許申請)の場合は増えてしまいますし、逆に簡単な場合は値引きしております。