激安・格安で商標申請(商標出願)を受ける特許事務所9

激安・格安で商標申請(商標出願)を受ける特許事務所9

商標はコンサルティング業であることについて、コンサルティング業であるということをご説明してきました。

① 商標の指定商品・指定役務の決定
② 商標自体の決定(ロゴ商標・標準文字商標、英語表記、漢字表記、カタカナ表記、ひらがな表記、併記すべきなのか等)

が少なくとも、ビジネスの今後の展開などから決定する必要があるということです。

  さらに、商標に限らず特許その他の知的財産権全て同じですが、取得(登録、権利設定)で終わりではないです。

むしろ、その商標を育てる必要があるのです。 その育てるというのは、もちろん、商標を申請(出願)したお客様のお仕事です。

具体的には、その商標を付した商品やサービスを提供していく必要があります。   その際に、必要なことは、まず最低限その商標を使うということです。

ただ、商標を使うというのは、使い方があります。 商標法で求められている使用は、出願した商標と「基本的」に同じものを使う必要があります。

多少の変更は許されますが、できるだけ、出願商標と同じものを使う必要があります。

そのため、できるだけ同じ商標を使うということが求められるため、商標出願の際にどのように使うかしっかりと決めておく必要があり、
決まっていないのであれば、それに応じた出願が求められます。

そういったことは、コンサルティングが必要であり、そのようなコンサルティングができない、激安・格安等の安さを売りにする事務所では困難なのです。

  また、商標法上求められる商標の使い方も、アドバイスが必要な場合が少なくないです。

次回

激安・格安で商標申請(商標出願)を受ける特許事務所10

前回

激安・格安で商標申請(商標出願)を受ける特許事務所8

まとめたページは下記です。

まとめ:激安・格安で商標申請を受ける特許事務所