コラム

ビジネスモデル特許1

前回の配信から約約約2週間(1月以上?)となりました。

すみません。年度末は弁理士、修羅場で、今まさにとんでもないことになっています。

元特許庁審査官:弁理士植村貴昭です。(行政書士もやっています)

このメールマガジンは、全て私及び弊社スタッフが直接お会いして、
お名刺を頂戴した方に配信させていただくものです。
できれば、できれば、迷惑メールに分類しないでいただけるとうれしいです。

最近、ビジネスモデル特許について、聞かれることがとても多くなってきました。

その理由は、

帝国データバンクの帝国ニュースにも書かせていただきましたが、

いきなりステーキ!

に関する知財高裁の判例が原因のようです。

今回の判例の結論は、ビジネスモデル特許でも、
少しだけでも、テクノロジー(量りと、印刷機程度)が使われていれば、
特許は取れそうだということになります。

ただ、自分で自分の仕事を減らすようで、あまり言いたくないのですが、
正直に生きた方が楽ちんなので、言ってしまうと、
特許的には、このビジネスモデル特許は、抜け道があり、
権利行使は難しいだろうということです。

特許の目的が権利行使(裁判)で、相手を差し止める・損害賠償請求する
ということではかなり貧弱な特許というのが、私の判断です。

今後も、おそらく、ビジネスモデル特許で、特許権の行使という意味で、
市場を独占できるようなものが出てくる可能性は低いと思います。

 

しかし、「特許権の行使という意味で」と限定して申し上げました。

その理由は、権利行使ではなく、
ほかの方法で市場の独占に近いことはできるということなのです。

まさにそれをやったのが、いきなりステーキなのです。

この辺りをもう少し細かく書こうかと思いましたが、
長くなりすぎると、飽きると思いますので、今回はこれぐらいにして、
次回に回そうと思います。

(植村は、迷惑メールにされてしまうことを何よりも恐れています(笑))

 

―― 読者の皆さんへ知財の専門家としてアドバイス ――

ビジネスモデル特許は、権利行使という点では広い権利は難しい。

これはビジネスモデル特許だけではなく、実は、他の普通の特許でも同じです。

しかし、特許をうまく使えば、権利行使をしなくても、
権利行使をしたのと同じぐらいの効果を得る方法もあります。。

詳しいことは次回記載させていただきます。

― その他 ――
では、次回をお楽しみにしてください。
次回は、今回の続きです。

また、今回も最後までお読み下さり、本当に有難うございます。
月2回程度の配信を予定しており、購読いただく方に過度のご負担をかけないようにする予定です。

あとあと、過去のこの私の投稿を見たい方は、
弊所のHPに来ていただければ、読めます。
「ポラリスIP」で検索すればあります。

―― 編集後記 ――
「子供に負ける]

私は、理系も文系も大学院まで出ております。

失敗しましたが、司法試験も受けたりして、もうちょっとまで行ったりしていました。

そんな私が恐れていることがあります。

我が家では次のような場合に緊張が走ります。

上の息子は小学二年生です。

ほぼ毎日、宿題で漢字ドリルをやっています。

そういう時に、漢字を私に聞いてきます。

うーん、微妙に書けない漢字が有ったりします・・・。

有ったりというか、それなりに数有ったりします・・。

私は、実は手書きで漢字がほぼ書けないのです。

読む分には全て読めるのですが、書くとなると・・・。

聞いてくれるな!と、本気で思います。

高校入試試験で、漢字の書き取りは3問出るのですが、一回も1点も取れたことがないです。

司法試験を受ける1カ月前から始めたことは、なんだと思いますか?

小学五年の漢字ドリルを買ってきて、それをやるということだったりします。

嫁に、罵倒されながらやったことを思い出します。

「屋上」を「やじょう」と思っていました。

うーん、こんなのでは、まあ、司法試験受から無いですよね。

というわけで、最近、うちの上の子は、漢字は私に聞かなくなってきました。

小学2年生でも、空気読むんですね・・・

とほほ!!