特定技能の教科書

植村 貴昭
この内容を書いた専門家
元審査官・弁理士
行政書士(取次資格有)
登録支援機関代表

「特定技能の教科書」

 

特定技能の歴史的な背景からメリット、事務手続きの方法、最新情報情報(ニュース)を発信しております。

なお、一般のビザについては、ビザ申請(VISA)申請を参照ください。

弊所の特定技能での人材紹介の料金

人材紹介 1人 20万円~
ビザ取得 1人 10万円~(外国人側から頂戴するのが弊所では普通)
月々の支援 1人 2万円~

特定技能の教科書

 

特定技能ニュース

 

歴史・経緯|特定技能の教科書

特定技能が認められた経緯・歴史についての説明です。技能実習での問題点を解決するためにはじめられたものです。初めての、単純労働・現場労働について認めた在留資格(ビザ・VISA)です。

特定技能と技能実習|特定技能の教科書

特定技能と技能実習の違い。

特定技能1号と特定技能2号の違い|特定技能の教科書

特定技能1号と特定技能2号の違いを説明したページです。技能の違いなどでの説明になります。

期間制限|特定技能の教科書

特定技能ビザの期間についての説明です。

メリット|特定技能の教科書

特定技能ビザについて、業者側と外国人側のメリットについての説明です。

特定技能:登録支援機関についての解説動画

特定技能:登録支援機関についての解説動画です。日本海外人材支援機構(外国人紹介、ビザ申請、登録支援機関)の活動内容、できることの紹介ビデオです。

外国人側の条件|特定技能の教科書

特定技能1号で日本国内でビザが下りるための外国人側の条件を説明しております。

特定技能14業種・14職種|特定技能の教科書

特定技能の14業種・14職種についての説明ページです。介護 ビルクリーニング 素形材産業 産業機械製造業 電子情報関連産業 建設 造船・舶用工業 自動車整備 航空 宿泊 農業 漁業 飲食料品製造業 外食業が対象です。コンビニにも拡大するということのようです、。

受入機関|特定技能の教科書

特定技能で外国人を雇い入れる事業者についての説明です。その事業者・企業のことを特定技能所属機関、特定技能受入れ機関と言います。その要件の代表的なものについて。

登録支援機関|特定技能の教科書

登録支援機関は、国に認められた特定技能外国人への支援業務の専門組織です。特定技能の外国人を雇い入れるためには、外国人の理解できる言語での支援が求められますが、企業にとって負担となる支援を登録支援機関に委託することができます。その代表的な支援内容を説明しております。

雇用契約|特定技能の教科書

特定技能の外国人を雇い入れるためには、特定技能雇用契約を結ぶ必要があります。それには外国人に対する配慮が求められますが、その代表的なものを説明しております。

特定技能での派遣|特定技能の教科書

特定技能の外国人で派遣ができる対象の業種は、農業と漁業です。しかし、要件はかなり厳しいのが現状です。

特定技能試験免除になる要件

特定技能試験が免除になる要件としては、技能検定3級、又は、技能検定随時3級に合格している必要があります。さらに、2年10月以上、技能実習を受けている必要があります。それが無い場合は、評価書で対応することになりますが、かなり難しいのが現実です。

年金の脱退一時金:技能実習から特定技能への変更の場合

技能実習から特定技能へへこうした場合に、年金の脱退一時金を貰うほうがいいのかの説明です。送出機関の費用、年金を将来貰えるようになるかもしれないなどを勘案して決める必要があります。

技能実習から特定技能への変更

これから技能実習から特定技能への変更が主流になってゆくことへの説明です。その要件や、一時的に帰国することにメリットがあるかどうか

留学から特定技能への変更

技能実習から特定技能へへこうした場合に、年金の脱退一時金を貰うほうがいいのかの説明です。送出機関の費用、年金を将来貰えるようになるかもしれないなどを勘案して決める必要があります。

登録支援機関について

登録支援機関に関する情報をまとめています。

特定技能での転職の手続・期間・技能実習との違い

特定技能で転職するのに必要な手続、期間を記載しております。ただ、現実には特定技能での転職はとても大変だということも記載しております。また、技能実習との違いも記載しております。

特定技能は転職OKなので雇いにくいは本当か?技能実習との比較

特定技能で転職は実は簡単ではないこと、特定技能で転職できることは、会社にとってもメリットであることを説明しております。

ビザ申請完了:ミャンマー人女性の外食についての特定技能ビザ

特定技能ビザ ミャンマー人

ベトナム特定技能パーティ

©植村行政書士事務所 所長行政書士 植村貴昭

  • 専門家(元特許庁審査官・弁理士・行政書士・登録支援機関)に相談!無料

    必須お名前
    会社名・店舗名・屋号 ※法人・事業主の方はご記入ください。
    必須メールアドレス
    必須メールアドレス確認用
    お問い合わせ内容・ご相談内容・ご質問内容があればお書きください