植村 貴昭(うえむら・たかあき)

ポラリス知財コンサルティング代表
元特許庁審査官
弁理士/行政書士/法務博士/工学博士

弁理士重要判決の最初の理論構成をし、争われた「容易の容易」について世に出す。 NEC、独立行政法人、企業研究会、情報機構ほかで多数の公演。帝国データバンク全国版にて、毎月知財に関する連載を持つ。 小冊子「会社名・屋号をつける際の5つの落とし穴」執筆。 帝国データバンクでは書けない内容を、月1〜2回ぶっちゃけ口調で発信中。

実績

  • 特許庁監査官時代1000件以上の処理
  • 特許出願件数300件以上(独立前のもの含む)
  • 拒絶査定取消裁判件数100件以上(独立前のもの含む)
  • 無効審判事件多数受任
  • 知的訴訟多数受任(現在も2件は裁判中)/侵害警告通知30通以上/侵害警告を受けたクライアントへの対応多数/各種侵害に関係した調査・鑑定書など多数。

経歴

1996年3月東京工業大学機械科学(機械工学)学科卒業
2000年3月東京工業大学原子炉工学研究所修了(工学博士)
2000年4月特許庁審査官(特許審査第二部動力機械)
2004年3月大宮法科大学院卒業(法務博士/特定訴訟代理権取得)
2010年4月弁理士登録
2014年10月行政書士登録
2015年7月他士業が集結した共同事務所を設立
2016年1月株式会社ポラリス知財コンサルティング設立

この専門家が書いたコラム

関連リンク