コラム

剛道会社の活用

はい!

間違えました!

剛道会社との表記を見た皆さんは、

ヤクザ関係のことかと思われたと思います。

わざとやりました。すみません。

正しくは、合同会社です。

弊所、株式会社とか社団法人とかの設立もやっています。

最近、合同会社っていいんじゃね!

と思いましたので、

皆さんにシェア(←「ナウい」言葉かっこいい!)させていただきます。

合同会社という言葉は、

あまり聞きなれない言葉であると思います。

しかし、かなり、いいんじゃネ!と私は思います。

理由1

設立費用が安い 登録時の役所費用が

20万円→6万円 へ大幅に減ります。

理由2

定款の認証が不要。

理由1で費用が安くなる理由の1つです。、

通常、株式会社等は設立時に定款の認証を受けます。

これが必要ないので、設立の時間が短縮されます。

理由3

株主がいない。

合同会社は株主がないので、

持ち主=役員です。

その為、株主に気を使う必要もないです。

株主総会も当然必要がないです。

理由4

株式会社と同じように、有限責任です。

その他にもありますが、持ち主=経営者なので、

非常にスピーディに経営ができます。

ワンマン経営者には、実はとても、便利です。

 

いやいや、そんなの、かっこ悪いと思われたあなた。

amazon、アップル

等が合同会社になっています。

むしろ、スピード経営でバリバリ成長する気満々で、

かっこーいい!(キャー素敵、社長!)

という、今、ナウい(←死語)会社形態なのです。!

―― 読者の皆さんへ知財の専門家としてアドバイス ――

合同会社のデメリットとしては、

お金だけだして、プロの経営者に経営させたいという

ニーズには全く答えらえません。

ただ、そのような方はほとんどいないと思われます。

また、上場もできませんし、

(株式会社に途中で変えればできます。)

株式発行による増資も、

ストックオプションもできません。

もっとも、これらは、普通の会社ではやる可能性は低く、

会社が小さいく、ワンマンでやっていくうちは、

合同会社のフットワークの良さがメリットになります。

そして、ある程度大きくなって、

株式会社の方が良いとなってから、変更するということが可能です。

―― その他 ――
では、次回をお楽しみにしてください。
次回は、うーんと、何にしようかなぁ。考えておきますね。

また、今回も最後までお読み下さり、本当に有難うございます。
月2回程度の配信を予定しており、購読いただく方に過度のご負担をかけないようにする予定です。

あとあと、過去のこの私の投稿を見たい方は、
弊所のHPに来ていただければ、読めます。
「ポラリスIP」で検索すればあります。

―― 編集後記 ――
「入れないで!」

下の子は、おへそがへこんでいるのが気になるようです。

というわけで、私が風呂上りなどに、裸で、

布団に寝っ転がっていると、

寄ってきて、おへそに指を入れます。

痛いです!

あと、おなかぺちぺちもすきで、

ぺちぺち叩いてきます。

最近太った植村は、結構、いい音がしてしまっています。(反省)