特許取得の流れと費用

特許取得の流れ

特許取得の大まかと費用の目安は、下記の通りです。かかる費用は先にお伝えし、ご納得いただいた上で着手します。
概算のお見積もりも行いますので、まずは当事務所までご相談ください。

[フロー図]特許出願(費用発生)→出願審査請求(費用発生)→拒絶理由通知がある:意見書または手続補正書の提出/拒絶理由通知がない→特許査定→登録料納付(費用発生)→特許証発行→以降毎年特許料納付(費用発生)

特許取得の費用

Case01:オーラルケア用品で特許を取得したケース

内訳 金額
特許出願費用 ¥ 300,000
出願審査請求費用 ¥ 150,000
拒絶理由通知対応費用 ¥ 120,000
登録料納付 ¥ 110,000
合計 ¥ 680,000

この特許は比較的スムーズに権利取得となった場合です。
ただし、幣所では拒絶理由が来ない願書を作成することは殆どありません。
拒絶理由通知が来ないような特許は、特許として不十分であると考えているためです。

Case02:コンピュータプログラム及びサーバーに関する特許を取得したケース

内訳 金額
特許出願費用 ¥ 300,000
出願審査請求費用 ¥ 150,000
早期審査に関する事情説明書作成費用 ¥ 20,000
拒絶理由通知対応費用 ¥ 120,000
登録料納付 ¥ 110,000
合計 ¥ 700,000

お客様の事情により本件は特許権利化を急ぐ必要がありました。
その場合審査官に、事情を説明し審査を速めてもらうことが出来る場合があります。

Case03:審判まで争って登録になったケース

内訳 金額
特許出願費用 ¥ 300,000
出願審査請求費用 ¥ 150,000
拒絶理由通知対応費用 ¥ 120,000
拒絶査定不服審判費用 ¥ 350,000
登録料納付 ¥ 110,000
合計 ¥ 1,030,000

拒絶査定となった場合には本ケースのように査定不服審判請求という手続を行うことが出来ます。
査定不服審判請求は裁判とほぼ同様の手続になるため費用が高額となりますが、幣所では最後まで諦めずに戦うことが可能です。

 

一般に激安、安い、事務所であっても同じ流れになります。

ただ、激安事務所の場合、拒絶理由通知のときに予想外の費用を請求されることがあり、注意が必要です。

 

特許申請(特許出願)の費用